自営業の人がお金を借りる場合は事業ローン

お金を借りるには審査などを受けますが、多くの消費者金融やキャッシング会社では、条件に安定した収入があることが挙げられています。アルバイトなどでも利用できるという広告の一方で、自営業の人には審査が厳しいという声もあるそうです。


個人事業主もお金を借りることがある

まず、個人事業主や法人代表の人になかなか審査が厳しくなってしまうというのには、安定した収入が得にくいというイメージがあるからだそうです。大きな組織ほど簡単には倒産したり、リストラされてしまったりすることがありませんから、お金を借りる場合には、信用性が高くなると言われています。もちろん、個人で仕事をしていて収入をしっかり得ている人も多いのですが、安定という面を、会社が重視するからといわれています。


事業にお金を使えないということも

フリーローンなどと呼ばれるものが、消費者金融などでも多く利用されるローン商品なのですが、このお金は事業性資金という、仕事に関することへの利用を禁じられているケースが多いのです。これは回収することが難しいという可能性が高いためで、個人事業主の場合には、自分で使うプライベートのお金との区別を会社が判断しにくいという理由も挙げられることがあると言われるそうです。