高齢者がお金を借りることができないって本当?

お金を借りる場合には年齢なども関係してくると言われることがあります。中でも、高齢者になるとお金を借りにくくなるという声が多いそうですが、これはどのような理由から審査で厳しくチェックされるようになるのかを考えてみましょう。


お金を借りるときに重視する返す財力が減る?

高齢者の借金が難しいという理由に、まずは仕事なども引退してしまうことから、収入がなくなることが挙げられているそうです。もちろん、定年を過ぎて元気に仕事をしている人も多いでしょうし、収入を安定して得ている人もたくさんいるのですが、一般的な考え方に年金以外の収入がなくなるというものがあるため、高齢者への融資が厳しいという意見はあるそうです。


消費者金融などは70歳くらいから厳しい

消費者金融や銀行系キャッシングなどでは保証人なども必要としないローンになることから、70歳を超えると、審査を受けることができなくなるそうです。収入面で安定している場合でも、審査の基準に年齢が入っていることもありますから、お金を借りるときには、この点をチェックしてから審査の申し込みを行うことをおすすめします。中には収入が証明できれば借りることのできるものもあるそうです。